​​ ​​

LifeSupport

トンネルにいるかエコーがあるかのように私の声がこもって聞こえると人に言われます。

iPhoneにLifeProofを持っている方に電話をするときに、少数の方がLifeProof使用者に普通に電話で話すのに困難があるということが分かりました。幸いにも、原因はとても単純で、修正するのも簡単です。

原因
マイクには音を伝達しますが水分を防止するための特殊な薄い通気口があります。これは通常完璧に作動し、非常にはっきりとした音声を可能にします。しかし、場合によっては、ケースで空気が閉じ込められたとき、陽圧を起こします。通気口は、気圧により外側に少々膨れ上がり、ケースの下部にある (異物による敏感な通気口への損傷を防ぐための) 小さい保護用の格子に接触するまで伸びてしまいます。時々、通気口はその位置に伸びた後にこの格子に寄り掛かり、iPhoneのマイクに音声を伝達するために正確に振動することができなくなります。これにより、電話の相手には、距離感があり、弱く、トンネルにいるような声に聞こえてしまいます。

簡単な修正

  • アプリを開始するときのように電話の正面を見ます。マイクのポートは、ケースの下部にある穴で、ホームボタンの左下と充電ポートの左にあります。
  • 3秒か4秒くらいマイクに息を強く吹きかけます。ろうそくを消すのに似た動作が必要とされます。また、風船を膨らますふりをして、穴の上で口を閉じてそれから吹くこともできます。

この空圧が保護用の格子から通気口を押しあげて、ビデオ録画や電話で非常にはっきりとした音声をiPhoneで再び提供できます。大きい空圧の変化のため通気口が保護用の格子に貼りついてしまうように曲がった場合、この動作を時々する必要があるかもしれません。(必要がない場合もあります。)

また、保護用の格子にたまった水分が音声を弱めることもあるので、水に浸かった後には通気口のあたりから完全に水分を常に振り出すようにしてください。.

Share on Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - トンネルにいるかエコーがあるかのように私の声がこもって聞こえると人に言われます。
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
トンネルにいるかエコーがあるかのように私の声がこもって聞こえると人に言われます。LifeSupport

Contact Us

  • 問い合わせる
  • LifeProof Japan
    〒100-0006
    東京都千代田区有楽町二丁目2番1号 X-PRESS有楽町  10階

    【銀行振込】
    お振込先は以下の銀行まで
    お願い致します。
     三井住友銀行(ミツイスミトモギンコウ)
     飯田橋支店(イイダバシシテン)
     普通 7032037
     株式会社フォックス
     (カブシキガイシャフォックス)
    ※恐れ入りますが、手数料はお客様ご負担とさせて頂いております。

    ログインページ  カートページ

    ※弊社では、お客様からのお問い合わせ内容を正確に把握するため、問題を早期に解決するために、お問い合わせはフォームよりお願い致します。

Follow Our Tweets